かき餅ラブ

かき餅ラブな私
e0048035_12542945.jpg

道の駅とかで見た時には買っている。
かき餅というが、このへんではこおりもちって言っている。
たかがかき餅されどかき餅。
なかなか理想のかき餅に出会えない。
焼いて中までパリパリしてないといけない。
お餅ではないので。
食べ方としては、少なめのご飯の上に焼いたかき餅を乗せてお塩をちょびっとにお茶をなみなみ。要はお茶漬け。
お茶をかけて柔らかくなってはいけない。
よーーーく干してあるとカリカリなのだ。
因みに山陽小野田の花の海で売ってたのがほぼ理想に近かった。

子供の頃は、こおりもちは買うものでは無かったなぁ〜。お餅をついた時に、もろぶたという木の箱に伸ばして入れる。固まったら長方形の直方体?にして、端から押し切りで薄く切る。おばあちゃんがするのを側で見てるのが好きだった。
これを日当たりのいい部屋に新聞紙を敷き詰めて、並べて乾かす。端っこがくるってなったら出来上がり。

あ〜、かき餅愛が溢れる〜♪

# by youpiyumi | 2017-03-26 12:36 | Comments(0)

マーニに行ってみた

イベントの案内が来てたので寄ってみた
サイトウガーデンさんのプランツ達に会ってきた
e0048035_09193352.jpg

変わったスミレ
e0048035_09193410.jpg

サボテン?何とか殿っていう名前だった
さすがの貫禄のネーミング
e0048035_09193437.jpg

e0048035_09193596.jpg

e0048035_09193522.jpg

これが可愛かったから連れて帰った
e0048035_09193642.jpg

e0048035_09193610.jpg

e0048035_09193725.jpg

ミヤマオダマキだって。
宿根だろうか?
調べて枯らさないようにしないと
(枯らす名人笑)

# by youpiyumi | 2017-03-25 09:05 | Comments(0)

今日はいちご狩り

早めのお墓まいり兼夫実家の掃除兼いちご狩りに行って来た。
申し訳ないが、いちご狩りがメイン♪
行ったのは山陽小野田の花の海。
メール会員になれば予約ができるので、早めに予約を入れておいた。
お昼くらいに着いたが、現地では予約終了で何組も断られていた。
ちょっと前にメールが来て、今年は生育がイマイチなのに加えて1週間に3000人の来場者があり、イチゴの生育が追いつかないので、次の予約は4月以降でとあった。
タイミング良かった〜♪
1500円払って、首からストラップを提げて
e0048035_18381404.jpg

いざ!ビニールハウスの中へ

あったかーーーい♪
e0048035_18381525.jpg

e0048035_18381639.jpg

そして、広い。
e0048035_18381779.jpg

今は「かおりの」という種類が食べごろらしい。
一応「四星」と「おいCベリー」というのも食べて見たが「かおりの」が一番だった。
e0048035_18381704.jpg

こんな感じで垂れ下がっているので、とても取りやすい。
e0048035_18381841.jpg

中はとても広い。一つのレーンをイチゴをつまみながら歩くだけでも結構運動になる。
e0048035_18381859.jpg

最初はいかにもイチゴってのを食べていたが、上の画像でいうと一番左のようなちょっと終わりかけ?みたいなんが甘いということを発見。

お昼に食事がわりに行ったので笑食べた食べた!
時間は無制限なんだけど、30分でもうお腹いっぱい。

いちご狩りは初めてだったけど、楽しい。

花の海は秋にコスモスを見に来たことがあるけど、こんなとこもある。
e0048035_18381939.jpg

又機会があれば来よう。

# by youpiyumi | 2017-03-12 18:18 | Comments(0)

金沢下見の旅その5

今日は今回のミッションの下見をすべく同級生唯一の石川県民であるTちゃんがご主人の車で案内してくださる。
ホテルに迎えに来てくれたTちゃん、館内を見てすごく気に入った様子で同窓会当日も泊まりはここがいいという。私も賛成だ。
夫を21世紀美術館まで送ってもらって恐縮。

候補である料亭松魚亭に行ってみる。ここも昨夜の卯辰金沢と同じ卯辰山にあり、駅からは15分程度かかるが、送迎も頼める。
雰囲気の良い20名程度入れる和室をとりあえず押さえる。
Tちゃんが前にランチをいただきにきていて、お味も保証済み。

次にホテルに連れて行ってもらう。金沢にはいいホテルが沢山あるけど友達に聞いてANAクラウンプラザか日航金沢かなと思っている。
日航金沢に行って宴会の担当の方にお話を聞く。びっくりしたのはラウンジへどうぞと言われ、お好きなものを注文してくださいと言われた。遠慮するのもなんなので950円の紅茶をいただいちゃったー。
だからというわけでもないけれど、ホテルもいいかなーと心が傾く。
最初、折角金沢なんだから、料亭のようなところが、ホテルの和洋折衷料理よりいいかなと思ったのだけど、日航の中の弁慶という和食のレストランがあるそうでそこは金沢らしいお料理が出るそう。そこもちょうど20人程度入れるお部屋があり仮押さえをする。

秋に他の幹事と一緒に打ち合わせで又来て決めることにするが、Tちゃんと話してもホテルがいいかなーって感じ。

まず、目的のお仕事が終わって、Tちゃんが予約しておいてくれた森八茶寮のお弁当のお昼に。
森八茶寮は、あの有名な金沢の銘菓長生殿の森八の本店の二階にある。
金沢の貴船というこれ又予約の取りにくい料亭のお弁当が手軽なお値段でいただけるという隠れたスポットらしい。
私も行く前にランチやディナーのお店をネットで検索したり本で調べたりしたが、ここは載ってなかった。
e0048035_00205105.jpg

e0048035_00205163.jpg

こういう箱でくる
e0048035_00205253.jpg

e0048035_00205251.jpg

e0048035_00205386.jpg

e0048035_00205372.jpg

抹茶まで付いてリーズナブルなお値段。

昨日から胃が悲鳴をあげそうな位、美味しいものばかり食べてる。
帰ったらしばらく粗食にしなくては。

e0048035_00205441.jpg

e0048035_00205545.jpg

森八においてあったお祝い事の時の砂糖菓子。
e0048035_00205562.jpg

e0048035_00205676.jpg

まだ時間があるからと案内してくれたひがし茶屋街。のぞいて見たいお店がいっぱいだった。次回のお楽しみ。

Tちゃんのおかげで効率よく回れて感謝。いっぱい調べておいてくれて本当に助かった。
金沢駅で近いうちの再会を約束して別れる。

夫とも会えて、金沢駅にある「りんと」と「あんと」を見る。おみやげ物屋さんがあるのは「あんと」だったかな?お土産を見て歩くだけでも楽しい。最後のダメ出し?に新幹線で食べるべく大友楼のお弁当を買う。これがまた美味しかった。

ほんと、金沢恐るべしだ。




# by youpiyumi | 2017-02-26 23:44 | Comments(0)

金沢下見の旅その4

昼、お腹いっぱいお寿司を食べたのに夜もまたご馳走をいただいた。
言い訳がましいけど・・・。
タイトルの下見の旅とは、2年に一度の短大の同窓会を来年は金沢でするのでその下見。
会場選びのために、候補の一つである卯辰かなざわというところにお邪魔した。
ここは、金沢の友達が教えてくれた。卯辰山の中腹にあり夜景がきれいでお料理も美味しいし、雰囲気もいいとのこと。
e0048035_23440442.jpg

一階のカウンター席からの夜景、ちょっと暗くて画像からはよくわからないけど、きれいでした。
e0048035_23440474.jpg

e0048035_23440513.jpg

e0048035_23440557.jpg

e0048035_23440658.jpg

e0048035_23440676.jpg

e0048035_23440749.jpg

e0048035_23440772.jpg

e0048035_23440824.jpg

e0048035_23440866.jpg

お腹パンパンで、実は天ぷら以降は一口しか食べられませんでした。
デザートは別ですが笑

スタッフの方も感じがよくとても雰囲気の良いお店です。



# by youpiyumi | 2017-02-26 21:26 | Comments(0)

金沢下見の旅その3

さて今夜のお宿は・・・
友達のお嬢さんが勤めているホテル
楽天アワードでも10位に入る人気のホテル
e0048035_23280879.jpg

金沢 彩の庭ホテルという開業して間のない新しいホテル。話には聞いていたけど、とにかくおもてなしの心に溢れた快適なホテルだった。
館内にはホッとするお庭が沢山あり、工芸品もあちこちにおいてあり、大きな浴場もある。

感激したことを羅列してみると
浴場のお湯は白山の伏流水で温泉ではないけどつるつるする。
お部屋にもお風呂があるが、もちろんトイレとは別で浴槽の外に洗い場がある。
洗面所に体重計や乱れカゴもおいてある。
大浴場のところに無料のマッサージチェアがある。
コーヒーやジュースなどが無料で飲める。
各階に金沢の本などがおいてあるくつろげるコーナーがある。
お風呂行きのかわいいカゴとポーチがおいてある。
朝ごはんも宿泊料に含まれていてどれも美味しい。
宿泊料は一年中同じ。
扉が二重になっている。
e0048035_23280887.jpg

e0048035_23280933.jpg

e0048035_23280959.jpg

e0048035_23281006.jpg

e0048035_23281158.jpg

e0048035_23281130.jpg

e0048035_23281252.jpg

e0048035_23281267.jpg

もちろん泊まり心地もばっちり。
次もここに決めた。




# by youpiyumi | 2017-02-26 09:06 | Comments(0)

金沢下見の旅その2

そうそう、バスの吊り広告で見て和菓子作り体験というのにも行った
石川県観光会館というところで教えてくれる
一人分づつ、材料と手袋や道具が用意されている
e0048035_23040687.jpg

先生の説明を聞きながら、あんこを丸めてと
e0048035_23040662.jpg

皮でアンコを包んでひっくり返す
e0048035_23040784.jpg

濡れた晒しで包んで茶巾に絞って出来上がり
e0048035_23040747.jpg

これは途中まで一緒で、竹のヘラで筋をつける
e0048035_23040896.jpg

右側のは3種類の色の羊羹を網でこしてアンコのたまにまぶす
e0048035_23040845.jpg

右上の羊羹のは最初から用意されていて4種類と体験で1230円位だった。
これに観光会館のお土産物屋さんで使える500円引きの券が付いているのでお得。
e0048035_23040980.jpg

持ち帰り用の紙袋まで付いていて至れり尽くせり。
お土産物屋さんで金沢の地酒を買って帰る
e0048035_23040926.jpg

金沢の友達が薦めてくれたお酒。
右側は黒帯、左は手取川。
他にすすめてもらったのは、天狗舞に常きげん。
くじを引いて当たったワンカップのお酒で能登の宗玄というのが美味しかった。
買って帰った手取川も飲み口が良くてすいすい入る。
と言っても私は日本酒飲みではないので詳しくはわからないけど。
でも次行ったら宗玄を買って帰りたい。

お酒に限らず、金沢は食のレベルが高い。
スイーツも中田中のきんつばにダルマさんの最中とか美味しいものが沢山。



# by youpiyumi | 2017-02-25 23:36 | Comments(0)

金沢下見の旅その1

e0048035_22354831.jpg

新大阪でサンダーバードに乗り換えて一路金沢へ
チケットはこちら
e0048035_22354855.jpg

JR西日本3日間乗り放題のおとなびパスを利用。
(50歳以上のおとなび会員に限る)
なんと!18000円。
博多から和倉温泉まででも行ける。

金沢にはお昼前に到着。荷物を預けてすぐ金沢フォーラスの6階にあるもりもり寿司に直行。
整理券は66番だった。順番待ちの人で溢れていた。結局1時間半待ちで入れた。
でもでも、そんなことを相殺して余りあるほど美味しかった。
e0048035_22354962.jpg

大トロ、ウニ、ボタンエビ
e0048035_22354960.jpg

ボタンエビ側から見たとこ
なんつーてもこれが一番!
トロは最終的には口の中で溶けるのだけど、かみごたえがありそして溶ける。
ウニがまた濃厚。軍艦巻きでない分ウニの風味が口の中で拡散。
ボタンエビもプリプリ♪
この他にも、金沢の冬のAKBと言われる甘エビ、カニ、ブリを食してほんと幸せ〜。

e0048035_22355013.jpg

e0048035_22355059.jpg

e0048035_22355175.jpg

もりもり寿司、オススメです。

さて、17年ぶりの金沢どこへ行きましょ?
やはりあそこですかね。
e0048035_22355103.jpg

e0048035_22355210.jpg

e0048035_22355293.jpg


兼六園もすごい人でした。
なんか金沢やたら人が多い。
北陸新幹線開通以来観光客で溢れている様子。

兼六園を隅々までゆっくり見て、100円のループバスで駅へ。


# by youpiyumi | 2017-02-25 22:14 | Comments(0)

柚子

e0048035_22400949.jpg

父が絞ってくれた柚子
冷蔵庫に保存して大事に使おう
ポン酢にお寿司に。

# by youpiyumi | 2017-02-22 22:39 | Comments(0)

博多座二月花形歌舞伎その2

夜の部まで小一時間。博多座隣のTSUTAYAへ。
と言っても小さい小さいお店で歌舞伎関係とあと少ししかない。
壁には尾上右近君のサイン
e0048035_23242811.jpg

了解を得て撮らせてもらいました
他にも
e0048035_23242846.jpg

多分聞いてもわからない人のだろうから聞かなかった。後で調べたら一番左が武田鉄矢だって。あとはやはり知らなかった。
e0048035_23242909.jpg

博多座前のスクランブルから、川端商店街へ。
実は狙っていたとこがある。
e0048035_23242966.jpg

川端ぜんざい広場
e0048035_23243028.jpg

いっただきまーーーす。


商店街を歩いていると・・・

あ!くろ!

こんなとこで何してる??
e0048035_23243141.jpg

e0048035_23243102.jpg

カフェのキャンペーンでふちねこがコーヒー三杯でもれなくもらえるらしい。
わーー、欲しいーーー。
でも、三杯なんて無理。
一応お店に入り、売ってもらえるのはないですかと質問、ついでにスタッフの人にくろの待受を見せる。(おばさんには怖いものはない)
e0048035_23243262.jpg

くろ、もらえんかったよー。
オークションで落とすからね。

話がそれました。
夜の部は
雪之丞変化
これも昭和の日本人に受けたお芝居を歌舞伎にしたものです。
猿之助がここでも大活躍です。

ぜんざいのせいかほんとに申し訳ないけど初め頃ちょっと頭にはいらなかったというかぼーっとしてました。昼夜のせいかも。
だんだん、展開してきたら目が冴えてきました。
澤瀉屋一門の他、市川男女蔵さん、巳之助君、隼人君、米吉君と私好みの方達を楽しませてもらいました。特に米吉君のはすっぱなお初がはまり役だった。
米吉君はどっちかというと今回梅丸くんがしてるような可愛い役のイメージだったのが、急にぐんと大人びて成長を感じた。
今20代の若手がキラ星のごとくひしめいているので、10年後くらいどうなるかすごく楽しみだ。
猿之助さんのエンターテイメント性は群を抜いていてほんとに楽しませてくれる。
e0048035_23243284.jpg

ワイヤーが見えるだろうか?
宙乗りはお手の物。

夜の部の席は3階だったけど、博多座は見やすい劇場なのでストレスはない。
e0048035_23243395.jpg

帰ったら22時くらいだったが、1日朝から晩までよく遊ばせてもらった。ありがたいことだ。


# by youpiyumi | 2017-02-12 23:58 | Comments(0)